治療費について
困ったシニア男性

がんは全身のあらゆるところに出来る可能性がありますが、近年では早期発見することで完治するケースも多くなっています。
とは言え、がんと診断された場合、多くの人が治療費について心配をする人も少なくないでしょう。
がんの進行度や治療内容になどによって費用は大きく変わりますが、健康保険が適用されるケースも多くなっています。
また、国の制度として「高額療養費制度」が設けられており、一定の金額を超えた場合は、手続きをすることであとから費用の一部が還付されることになっています。
また、最近では各保険会社でも「がん保険」を取り扱っているとこが多く、がんと診断された場合には通院費や入院費などの医療費が給付され、経済的負担を軽減することができます。
がんの中でも大腸がんが存在し、治療には医師との相談が欠かせません。

がんの手術方法

がんと診断された際、従来は手術が可能な場合には開腹手術をすることで腫瘍を取り除く方法が一般的でしたが、医療の進歩により現在では内視鏡手術で済まされる場合も多くなってきました。
内視鏡手術は体の一部に小さい穴を開けて器具を差し込み、器具に取り付けられたカメラによって映像を見ながら腫瘍を取り除いていく方法です。
内視鏡手術は開腹手術とは違い、傷口が小さくて済むため体への負担が少なく、手術後のリハビリも早くから始められ、入院期間も短くて済むと言うメリットがあります。
また、厚生労働大臣が定めた高度な先進医療を行う医療機関も数多くあります。
先進医療は健康保険の対象とはならないため、患者の希望によって行われるものです。
大腸がんの治療の仕方や方法は医師との相談で決める事が大切です。

増加の理由とは

日本人の死因の第一位ががんとなっており、がんの中でも胃がんが最も多くなっています。
しかし近年、大腸がんの患者数が急激に増加し、近い将来胃がんを抜くのではないかと予想されています。
罹患者が増えた原因は定かではありませんが、食生活の欧米化が要因の一つと考えられています。
普段の食せ活において、肉類や乳製品など動物性の脂肪を多く摂っている人の方が大腸がんにかかったり死亡する人の割合が低く、植物繊維を多く摂っている人の方は割合が低いと言う調査結果もあります。
その他にも生活習慣や喫煙など様々な原因が考えられますが、大腸がんの場合は早期発見・早期治療をすることで完治率が非常に高くなっているがんの一つと言われています。

オススメリンク


病院の病室

早期発見の検診

大腸がんは早期発見で治る確率の高いものですが、初期には自覚症状がありません。
そこで市町村では自治体で大腸がん検診を受けるように勧めています。
40歳以上の人を対象に毎年一回定期的に健診を受けることが推奨されています。
市町村の検診では、便潜血検査を行います。
Read more


腹痛の女性

負担のない治療法

大腸癌は早期に発見することが重要です。
早期に発見すれば、ほぼ100パーセントの完治が望めます。
大腸がんは結腸がんと直腸がんに分かれます。
早期に発見された場合は、内視鏡による手術を行います。
転移もない場合は、この手術でほぼ完治が見込めます。
がんがRead more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031